本ページはプロモーションが含まれています

ペット販売士の資格とは?家庭動物販売士と比較

ペット販売士ってどんな資格?

ペット販売士ペット販売士とは一般社団法人日本ペット技能検定協会が実施している資格試験でペット販売の高い技能・知識を持っている事を証明する資格になります。

ペット販売、ペットフード、ペットグッズなどのペットショップやペットの専門店などで正しいペットの飼育方法など動物愛護に基づきお客様に適切なアドバイスなども行うことができます。

ペット販売士資格取得後は、ペットショップ・ペットフードやペットグッズなどの犬猫ペット専門店、ブリーダー、ペットカフェ、犬猫ペット介護士、ペットシッター、ペットのライターなどたくさんの活躍の場があります。独立開業を目指す人もいます。

ペット販売士資格取得方法

ペット販売士の資格を取得するには、定められたカリキュラムを受ける必要があります。

まずは、ヒューマンアカデミーの通信講座「ペット販売士講座」でカリキュラムを修了させましょう。

カリキュラム修了後、筆記試験を受けて合格すればペット販売士の資格がとれます。

ペット販売士講座では、ペット販売士の資格だけではなく小動物看護士の資格取得も目指すことができるのも大きな魅力の一つです。

ペット販売、ペット看護二つの資格を取得することでさらに活躍の場を広げることができます。

ペット販売士通信講座はこちら

↓↓↓資料を請求↓↓↓

ペット

ネットだけの情報ではわかりにくいポイントなども、資料を請求することでしっかり確認・比較検討できます。資料は無料で請求できます。

●通信講座で学べる事●

ペット経営学

動物看護学

ペット社会学

犬種標準学

●資格取得までの標準機間●

約5ヵ月

家庭動物販売士との違い

ペット販売士とよく混同されがちな資格家庭動物販売士ですが、二つの資格はまったく別の資格になります。

ちなみに家庭動物販売士の資格は2015年に家庭動物管理士と名前が変更されました。

家庭動物管理士は一般社団法人全国ペット協会(ZPK)が実施している資格であり、

動物取扱責任者になるための資格として認められているのは

家庭動物販売士改め家庭動物管理士の資格の方になります。

ペットショップやペット専門店を開業する場合、必ずしもペット販売士の資格が必要という事はありません。

ですが、資格はプロフェッショナルを証明するもの。お客様にアドバイスできるくらいの知識や技術は持っておきたいですね。