本ページはプロモーションが含まれています

老犬介護士の資格と通信講座

老犬介護士の資格って?

犬も人と同じで年をとります。

年をとれば今までと同じような生活をすることはできなくなります。

例えば食事、トイレ、散歩にもサポートが必要です。

そんな時に正しい犬の介護を行える技術が老犬介護士の資格になります。

(別名:動物介護士、ペット介護士

犬は人よりも年をとるのが早く、老化はあっという間で飼い主には気付きにくいかもしれません。

ペットの犬が介護が必要になる前に正しい知識を身に着けておきたいですね。

犬の飼い主さんはもちろんですが、ペットショップやペットホテル、ペット病院などペットと関わる仕事に就いている人、これからつきたい人、今後も増えつつある老犬ホームや老犬シッタ-など老犬介護士は今後欠かせない資格・知識になると思います。

老犬介護士の資格はどうやってとるの?

老犬介護士の資格はJCSA協会(一般社団法人 日本キャリア教育技能検定協会)が実施している資格の一つで一般試験と認定試験の2種類があります。

一般試験・・・1年に一度開催されます。

認定試験・・・JCSA協会が認定する学校・通信講座を受講し一定の成績で修了すれば合格となります。

【JCSAの指定する通信講座】ペット

日本ケンネルカレッジの老犬介護士養成専門講座

ペット介護・老犬介護の通信講座をまとめて資料請求できます。

動物介護士

老犬介護士養成専門講座の特徴

①通信講座修了後は在宅にて老犬介護士の資格試験を。

その後、スクーリング授業に参加し老犬介護士インストラクターA・B・C級

を目指します。

②実技スクーリング授業がある

通信講座終了後、希望者にはスクーリング授業に参加することができます。

スクーリング授業では実際の現場老犬ホームにて実習を行い実際の現場スタッフから直接指導を受けることができます。

③資格取得後の充実したバックアップ

資格取得後、ペット関連の仕事に就職を考えてる人にはサポートを。

集まった求人情報から優先的に採用する体制が取り組まれています。

また、老犬ホーム、老犬シッターなど独立開業の相談にも力を入れています。

④プロの現役講師がサポ―ト!

わからないところや疑問点があれば何度でも質問できます。

独学ではどうしても自分で調べなければならないのですぐに聞けて納得してから次の問題に進めるのは大きいですね。

老犬介護士養成専門講座では主にこんなことを学びます。

犬が老化を迎える前にできること
応急処置
生活環境の見直し
健康管理
ペットロス症候群
ドッグトレーニングの基本

・学習期間はどれくらい?・

平均学習期間は5ヵ月ほど。早い人なら2ヵ月程で修了するようです。

老犬介護士の資格を目指すならスクール・通信講座brushup学び

▶▶動物・ペットに関するスクール&通信講座

ペットの通信講座

brushup学びは資格探し・スクール・通信講座情報サイトです。

brushup学びまとめて資料請求することのメリット

日本ケンネルカレッジの老犬介護士養成専門講座

キャリアカレッジジャパンの動物介護士&介護ホーム施設責任者

ヒューマンアカデミーたのまなの動物介護士講座

がくぶんのペット介護士養成講座などメジャーな通信講座・スクールが20件までまとめて資料請求ができる!

またペット介護以外のペット資格トリマー・動物看護士・動物訓練士・ペットシッター・ペットアロマ・ブリーダー・ペットビジネスなどペット関連のスクール・通信講座情報が多い事も特徴の一つです。

色々な通信講座・スクールをじっくり比較検討したい方はぜひ(*^▽^*)→動物介護士

ネットだけの情報ではわかりにくいポイントなども、資料を請求することでしっかり確認・比較検討できます。資料は無料で請求できます。

コメントの入力は終了しました。